Blog Archives

  • 地域格差は10年で約2倍 最低賃金のイロハ:日本経済新聞 はコメントを受け付けていません。
    thumbnail

    地域格差は10年で約2倍 最低賃金のイロハ:日本経済新聞

    地域格差は10年で約2倍 最低賃金のイロハ:日本経済新聞地域格差は10年で約2倍 最低賃金のイロハ 2019年度の最低賃金の改定額が出そろいました。東京と神奈川で時給が1000円を超え、鹿児島など一部の地方は都市部と同等以上の引き上げ額を示しています。一方、「最低」基準の年収は都市部と地方で50万円近い差があり、地域格差が残ります。注目を集める最低賃金のイロハをまと… …

    ★この続きを読みたい >>

  • 中国、建設に3Dプリンター 作業時間・費用半減[36Kr]  :日本経済新聞 はコメントを受け付けていません。
    thumbnail

    中国、建設に3Dプリンター 作業時間・費用半減[36Kr]  :日本経済新聞

    中国、建設に3Dプリンター 作業時間・費用半減[36Kr]  :日本経済新聞量産化が3Dプリンター業界の成長起爆剤といわれている。航空・宇宙や自動車以外でそれを後押しする業界は、間違いなく建設業だろう。昨年、中国建設業の生産高は23兆元(約351兆円)に達しており、3Dプリンターは1兆元級の市場に成長する可能性を秘めている。「太空灰(Taikonghui)」の共同創業者、龐立南氏が3Dプリン… …

    ★この続きを読みたい >>

  • セブンなどコンビニ、消費増税のポイント還元で先手  :日本経済新聞 はコメントを受け付けていません。
    thumbnail

    セブンなどコンビニ、消費増税のポイント還元で先手  :日本経済新聞

    セブンなどコンビニ、消費増税のポイント還元で先手  :日本経済新聞セブン―イレブン・ジャパンなど大手コンビニが10月の消費増税後に導入されるポイント還元策で先手を打つ。増税に合わせて始まるキャッシュレス決済のポイント還元策で、還元対象額を支払時に差し引く。後日ポイントが戻るよりも利便性がわかりやすいと判断した。スーパーなど他の小売りも対応を迫られるなど、競争が激し… …

    ★この続きを読みたい >>

  • 現代貨幣理論 – Wikipedia はコメントを受け付けていません。
    thumbnail

    現代貨幣理論 – Wikipedia

    現代貨幣理論 – Wikipedia出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2019年5月) 現代貨幣理論 (げんだいかへいりろん、英語: Modern Monetary Theory、略称はMMT)、現代金融理論(げんだいきんゆうりろん)、あるいは新表券主義(しんひょうけん… …

    ★この続きを読みたい >>

  • 異端の経済理論「MMT」を恐れてはいけない理由 | アメリカ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 はコメントを受け付けていません。
    thumbnail

    異端の経済理論「MMT」を恐れてはいけない理由 | アメリカ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

    異端の経済理論「MMT」を恐れてはいけない理由 | アメリカ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準「現代貨幣理論」(MMT)をめぐって、古くて新しい「貨幣とは何か」という問題が議論されています(写真:HIT1912/PIXTA) 前編「アメリカで大論争の『現代貨幣理論』とは何か」でも解説したように、いま、アメリカでは「現代貨幣理論」(MMT)をめぐって、オカシオコルテス下院議員やサンダース大統領候補のブレーンを… …

    ★この続きを読みたい >>